続・リメイク(1)

形状的にはある程度固まってきた。
サブディビに対応させてあるので普段は2万ポリ前後、レンダリング時には2段階ほどに細分化する。

チョッと困ったことが、SI3Dの時と同じレンダリング画像にならない。
やはり微妙な質感の違いがある。今までもXSIを使用していたが、あまり厳密なツッコミをいれて作業をしていなかったのでド壺ってしまった。
ここは一発、XSIに適したかたちでのセッティングを模索をしていく他ないかな。
ハルナはSI3D上で長年煮詰めてきたものなので、XSI版に関してはこれから時間を掛けて取り組んでいく他ないかも。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。