リアルタイム3Dでの肌の質感「まゆゆ」っぽいリアルタイム3Dモデル – PART4-3

最近は人物モデラーなのに、人の作ったものに髪を設定しポーズ設定・レンダー・コンプまでする作業や、子猫をモデリングする作業など気が滅入る感じの仕事が続いていたのですが、なんと、とうとう来週からは茶器という「もはや生き物ですらない」作業が入ることになりました・・・。

 

仕方がないのでせめて私生活では人間をしっかりと限られた時間ではありますがやっていこうと思います。

 

今週末は肌の質感を少しライトの影響も含めて検証をしてみたいと思います。

 

細かな部分を微調整し、意図したマップ処理が可能な限り意図したように再現されるようにしてみる。

normalマップの凹凸に対してある程度スベキュラ反応が出るようになりました。

 

まだ、まだ人肌としては微妙と感じる部分があるので何とかしなければ・・・

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。