UVエディットの憂鬱-2

UVのミチミチ展開ボディー編。

一旦通常の展開をしてからアウトラインを調整、内部を最適化して作業をしました。

下図は各図左側が通常の展開で、右側がミチミチ展開。

2018-09-05_uvA

手と足はあまりミチミチに展開しようとすると指などのパーツがとても面倒なので、費用対効果的にあまり大胆な調整はなしいで対応しました。そもそも顔程には密度を要求されないしね。空いたスペースには爪などのパーツをレイアウトすれば無駄は最小限に止められるものと考えます。

2018-09-05_uvB2018-09-05_uvC

UVの展開作業は目に見えない情報なだけに不毛感を強く感じる作業ですが、テクスチャを描画する際の重要なマッピング情報となるのできちんと作業しておかないと後々苦労することになります。

「うぅ、ここUVが歪んでる」とか「あちゃ、ここ密度が全然足らない」など・・・

しかしながら、どんなに苦労をして作業をおこなっても大なり小なりテクスチャ作成時に難点を生じます、立体を平面に展開する訳ですから当然です。

「どこまでやれば正解なんだ」。。。憂鬱だ。

ただし、今後3Dペイントが当たり前の時代になれば、面倒なUV展開も過去のものとなるかもしれません。

それまではUV展開を ” ミチミチ ” 頑張るしかありません。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。