放置していた塗装環境を整える

1年以上前より3Dプリントしたものを塗装するためのエアーブラシの環境を整えようと、購入しつつも放置していた物たちを設置することにしました。

 

まずは作業机。シンプルで頑丈そうなものを選びました、もちろん組み立て式。

 

頑丈そうなもの選んだため重量は重め。。。

 

エアブラシはタミヤのエアブラシシステム。

 

リリース当初から使いやすそうな感じがしていたので、こちらを購入してました。

 

このエアブラシシステムは、ハンドピース ( スプレー部分 ) を机に付けた備え付けることのできるハンガーに置くことでコンプレッサーの電源ON/OFFをすることが可能となっている。

 

塗装ブースもLED照明付きの大き目でハイパワーな排気能力のあるものを買い、排気管は別に途長めの物を購入し部屋壁面に元よりあった換気扇を取り外しそちらに取り付けをおこなった。

 

 

早速使ってみる。

作業環境と道具は大切。全てではないけれど、整っていることで余裕が生まれ仕上がりが変わってくることもある。

 

これからは、余裕のある時はいろいろ着色していこうかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。