映画トランスフォーマー「Bumblebee」は何故ワーゲン?

2018-07-22_A

トランスフォーマーのスピンオフ 「Bumblebee」(バンブルビー ) は、これまでの本編で使用されていたカマロからVWビートルに変更されている。

何故ビートルになったのか?

2018-07-22_B

おそらくバンブルビー=マルハナバチ(丸花蜂)なので、ずんぐりしていて丸っこい見た目で可愛いVWビートルになったのだと思う。時代設定的にも(80年代?)当時の中古車の中で象徴なものでもあったのかな。

2018-07-22_C

バトルモード?ではジープがベース?(やっぱりアメリカですか…絶対アメリカ産出すのね)

気い使うね制作サイド「ア・メ・車に!!」

元々は日本おもちゃが原作のタイトルなのに、アメリカが制作しているため大人の事情も含めてアメ車がメイン。アメ車以外ではドイツが主でベンツやアウディ、、、日本車に魅力的な車が無いと言わんばかりの状態。

それでも一途の望みをいだいて「チラッとでも日本車が出ていれば」とネット検索してみたら、今まで知らなかったけど ” いすゞのトラック ” が出てはいるらしい。

「走れ~、走れ~、いすゞのトラックぅ~」

何だかなぁ、日本車の扱いがトランスフォーマーは酷い。まぁ日本車出したらアメリカの自動車業界が黙ってないだろうし、理解できないわけではないが、だっだら「日本から発信されたコンテンツで映画を作んな!」っといいたくなる。

それでも一応の気遣いなのだろう、1作目で主人公サムがバンブルビーの変形を見て「きっと日本製だ!」と言っている。。。

でも、それだけ。それっきり。

とは言え作品としては面白いのしかたがないか。

日本じゃ規模的に10000%作れないし、自国のコンテンツを自国で作れない日本が悪いか。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。